営業マンのレベル
不動産の契約はまず物件ありきです。お客様は物件が気に入ってから次にの営業マンや会社を見ます。どんなにすぐれた営業マンでも必ずその土地を契約できるわけではない。逆にその土地を気に入ればどんなにダメな営業マンでもその営業マンから契約します。実需商品の場合にはリピーターもいません。だから騙しやトラブルが多くなるのです。
営業マンの質の低下の原因

@求人間口の広さ。
だれでもこの業界に入れるのです。学歴?はっきりって何の役にも立ちません。大学に行っている間に早く社会の出たほうが業界の経験ができます。また学歴の無い人間ほどコンプレックスがあるのか頑張ります。そこにしか道は無いからです。一流企業が高校中退の暴走族上がりの人間を雇いますか?そんな人が一流企業並に給料をもらえる業界が不動産業界なのです。

A専門知識の幅広さ
宅建業法はもちろん建築基準法、税法、いろいろな専門知識が必要になります。一生に一度の買い物でそこまで勉強する人いません。だから不動産屋さんに盲目的に依頼する部分が多くなるのです。でも毎年変わる税法や景気動向などに対応できる営業マンかどうかは見た目じゃわかりません。 難しくて騙されても気がつかない。または営業マンのレベルが低くてトラブルになる。なぜ勉強しない営業マンがいるのか?それは高校中退や暴走族上がりの人間って勉強嫌いの人が多いでしょ? 

B使い捨て体質
会社は使えない営業マンは使い捨てます。また安定している会社もありません。自己資本に対して借り入れ金があまりにも多い財務体質です。だから常にやめる事を考えているのです。会社をやめてもすぐにやとってもらえるのです。必ず何年先もこの会社に居るならいいかげんな仕事はしません。しかし何かあったらやめればいいとかの考え。だったらいいかげんな事言って売りつけちゃいます。ようは無責任な体質してます。

C給料体系
契約がなかったら給料0円の会社の社員は荒い営業します。お客様だましてでも契約とります。それは給料なかったら自分の家族が食べてゆけないからです。切羽詰っているから詐欺とかどろぼーするんしょ?契約無くても安定した生活できるなら無理してお客様騙さないです。大手が信頼できるって言うのはそんな給料体系だからです。無理して契約しないのです。

D成功報酬
契約にならなければ今までの努力は水の泡になります。お客様を案内しても契約じゃなければガソリン代から人件費その他すべてが無駄になります。だからウソついてでも契約させようとします。

E無資格営業
大切な財産を託すのに無知な人にはたくせません。でもその営業マンが無知かどうかは見た目じゃ分からないし専門的な質問もできない。だから目安として宅地建物取引主任者資格がありますが、この資格は無くても営業できます。会社で5人に1人資格をもっていれば良いのです。足りなきゃ素人の資格を持っている主婦の人から借りてきたりします。医者は無資格の人いないでしょ?看護婦でも国家資格うけるでしょ?不動産は必要ありません。つまり病院で無資格の人から治療を受けるようなものです。資格をもっているからレベルの高い営業マンとは言えませんが最低でも資格試験を受けるくらいは勉強しなければいけません。でも勉強嫌いなのです。私の知っている営業マンで「自分馬鹿ですから・・・・」が口癖の営業マンがいます。勉強嫌いです。契約はよくとります。だからトラブル多いのです。こんな馬鹿な営業マンがいる限り不動産業全体の地位は上がらないでしょう。

backpage