住宅ローン
大手都市銀行やこのエリアの銀行のローン担当者が当社に訪問または、FAXで「是非お客様に当行のローンを紹介してください」と頭を下げてきます。なぜ?貸し渋りじゃないの?融資したいの?
住宅ローンは別です。まず貸出総量規制の枠から住宅ローンは除外されるのです。つまり一般の貸出と違って住宅ローンはいくら貸出しても良いのです。まして住宅ローンは優良貸出先です。焦げ付き率が低いのです。借りぬしは支払いをやめると住む所が無くなるので必死で支払います。そしてローンを受ければ給料などの銀行振込みも口座開設してもらえるので銀行は、おいしいのです。現在銀行は担保重視から属性重視に移行してきています。つまり土地の価格に重点をおかないで借り入れ本人の勤務先や年収に審査の重要性を考えています。
継続して安定した収入が融資最低条件です。


銀行が貸出したいベスト3
@公務員(特に地方公務員・警察官)
A超一流企業
B上場企業

銀行が貸出したくない職業ワースト3
Bタクシー乗務員(すぐ逃げる)
A塾講師(少子化)
@不動産屋(安定しない)

自営業は問題外

理由は過去の焦げ付きのデータです。
ちなみにどこの銀行を利用するかはお客様に主導権があります。でも売主によってはある程度指定してきます。

売主の都合
@その不動産の売主に融資している銀行
A営業マンと付き合いのある銀行
Bいつも無理をいってもらっている銀行
C融資案件を持ちこむと何か粗品をくれる銀行

買主の都合
@金利が安い
A融資審査が甘い
B自宅(会社)から近い
C諸経費が安い
などなど売主にメリットがある為に本来買主が指定すべき銀行を売主が指定したりします。売主の都合には金利が安い事などは関係ありません。
融資ひとつとってもいろいろな思惑が隠れています。

backpage