不動産売却講座2

買いたい人が現れたらもう一歩。売却から決済までは?
@売却金額
買主によってはいろいろな購入条件が出てきます金額の条件つまり値引き交渉です。断る事もできます。自分で判断するしかないのです。でも不動産会社に売却するのは、設定値段が安くなっている可能性があります。

A停止条件
ローン条件・買い替え条件・決済日いろいろあります。一般のユーザーが購入する場合はこの条件をつけます。だから買主がこの条件をクリアできるまでは売れたと思って安心してはいけません。残金決済日は要注意です。自宅を売却したあと何処の住むのですか?間違いないですか?
B条件が折り合ったら契約です
何を売るのか?家にはいっぱい付属品が付いています。何を持って行くのか?何を置いてゆくのか?庭石だって売却対象です。一緒に売却する付帯設備を細かく取り決めます。(照明、エアコン、カーテン、浄水器など)
C契約
本人確認を行います。自分は本当に売主なのか?身分証明書などを提示します。また代理人の場合には委任状も提示します。真の売主として固定資産税の納付書や権利書なども提示したりします。契約書はきちんと目を通しましょう。金額・決済日・引渡日・違約・解約・停止条件などチェックします。停止条件がある場合は手付金はまだ使ってはいけません。

D必要書類をそろえましょう
残金決済までに必ず必要な書類ばかりです。
@抵当権はどうですか?抵当権の抹消書類はありますか?委任状・資格証明・印鑑証明
A所有権移転はどうですか?権利書・委任状・印鑑証明・実印・評価証明書
Bお金を受け取る書類はどうですか?領収書・通帳
Cその他必要書類はどうですか?農地転用許可書など

E引渡
契約が終わったら物件を引渡す責任が生じます。火事など注意しましょう。また自分の引っ越し先の状況はどうですか?必要書類は準備できてますか?買い主に対して不誠実な事はありますか?買ってくれる相手なのです。ゴミとか他の諸問題はきちんとしてください。「立つ鳥跡を濁さず」です。

F申告
不動産を売却したら確定申告をしなければいけません。今年から簡単になりました。難しい書類に記入する必要はありませんしいろんな事を覚える必要もありません。書類一式をもって税務署に行ってください。コンピュター処理で10分で終わります。窓口も親切になりました。悩む事はありません。もっと他の事に頭を使いましょう。ちなみに3/15までの確定申告は必ず必要ではありません。税金を取り戻す場合はあとからでも良いのです。わざわざ混む時期に申告しに行かなくてもいいのです。

toppage  pageback