泥棒注意

賃貸マンションから一戸建てに移った場合のセキュリティー面を考えましょう。賃貸マンションなどはオートロックしかも鍵1本で建物管理していますが、一戸建てはそうはいきません。特に一戸建ての場合には窓が多く、1、2階からの進入が多くなります。出かけるときにはすべての窓の施錠を確認しましょう。マンションとは違うのです。

●1階の水まわりなど居室以外には面格子をつけましょう。トイレ、洗面所、階段、廊下など、通常人が出入りしない窓には面格子などをつけて進入を防ぎます。
●掃き出し窓や出窓は当然2重ロックをつけますが,最近ではペアガラスの他、透明なフィルムなどを貼ってガラスが破られないような工夫があります。出窓は窓付けの面格子などもあります。

玄関
●サムターンまわしやピッキング対策は各メーカーによって技術革新がありますが、最近の玄関鍵はサムターン自体、本体からはずれるタイプなどが出まわっております。
●玄関扉の明かり取り窓もやはりフィルムが貼ってあり、簡単には破られないようになっているものもあります。
●鍵は当然2重鍵は必要です。

勝手口
●玄関ドアと比べて勝手口には多くの工夫はありません。勝手口の鍵は外の鍵穴をつぶして使えなくなるようにしておく手もあります。実際勝手口の鍵なんて使いますか?

2階のバルコニー
以外と2階のバルコニーの鍵をかけない家庭も多いようです。がバルコニーの近くに電柱はありませんか?高い木、塀などは危険です。建物を建てる前に確認しましょう。

高い塀
●高い塀や樹木は外からの目に対してプライバシーが保てます。しかし侵入者にとっては目隠しの材料になります。

センサー(防犯上センサーをつけていると効果があると聞いています。)
●人感センサー近くに動くものがあるとセンサーが感知して明かりが付くタイプです。
●セキュリティー会社との契約シールも実際契約していなくても効果があると聞いてます。シールだけ売られているそうです。
●犬(センサーではありません)
●近所の目(効果的なセンサーらしいです)

警視庁のページも参照して下さい。


backpage