マンションにおける価格比較表(つまり居住費がいくらかかるかの比較)

万円 単位/円
価格 月支払い 月管理費 35年支払額 35年目資産 差し引き 35年以降月支払額 35-50年間の総支払い額 50年間合計支払 最終資産
新築賃貸 105,000 8,000 47,460,000 0 -47,460,000 -113,000 -20,340,000 -67,800,000 0
新築売買 3,500 114,000 24,000 57,960,000 8,000,000 -49,960,000 -24,000 -4,320,000 -54,280,000 2,000,000
中古賃貸 85,000 5,000 37,800,000 0 -37,800,000 -90,000 -16,200,000 -5,400,000
中古売買 1,700 55,000 9,000 26,880,000 2,000,000 -24,880,000 -9,000 -1,620,000 -26,500,000 500,000
定期借地 2,200 71,000 19,000 37,800,000 0 -37,800,000 -19,000 -3,420,000 -41,220,000

この表はあくまで比較対象のみです。当然建替え・修繕・家賃更新などの要素があります。賃貸と売買をかんがえるきっかけとして見てください。

売買(金利2%元利均等35年払い)

●新築の場合賃貸も売買も最終支払いはあまり変わらない。
●中古マンションと新築マンションでは約2倍の差額があるが当初の取得費の差額である。
●すべてのケースにおいても最終資産はほとんど無いもしくは無い。
●50年後の総支払い額は中古売買と新築売買では2500万円の差額。考え方ではもう1物件中古物件を購入して事業用物件に資産を回す方法やその分
  旅行などの生活エンジョイ資金にも回せる。
●一生その場所に住むなら売買。
●家族数が変化しないなら売買
●持ち家のステータスが欲しいなら売買
●ふるいマンションはスラム化する
●売買は支払いが終わると極端に支出減。そのときの年齢を考慮

まとめ
一度自分のライフスタイルを考えましょう。何年住むか?どんなライフスタイルを選ぶか?家に一生しばられるか?正解はありません。あなたが選ぶのです。

backpage