43.家賃並の支払でローン返済できます。

なんて言葉に惑わされてはいませんか?

広告などではこんな文字が並びます。チラシの支払例などでは提携ローンの最低金利で算出してあります。しかも変動です。固定金利3年とか書いてありますが、それは当初3年間だけ固定の変動金利なのです。そしてこの不安定な情勢の中ボーナス払いなども併記してあります。あなたの会社はボーナスあてになりますか?

それは今の低金利だけの話です。ローン組むのでしょ?何十年かけて支払うのですか?今の低金利の場合と金利が上がった場合を比較検討してみましょう。

(3000万円借入 変動金利金利0.9% 35年 利均等払いの場合)

毎月支払い  83,925円です。格安ですよね。

それでは金利が6%になった時の支払例では

毎月支払い 171,057円です。支払できますか?

金利が6%なんて実感できない?すぐですよ。今たまたま低金利が続いているだけです。返済中は確かに金利が上がっても5年間は返済額は変りません。その後でも5年ごとにはその支払額の1.25倍までしかあがりません。でも確実に支払額は増えているのです。金利が上昇して支払額が83,925円から5年後ごとに1.25倍になれば15年後には163,916円となります。数字のマジックでも何でもありませんよ。その分給料も1.25倍・・・・と上がるのでしょうか?不動産会社なんて今売れれば良いのです。あなたの将来の返済なんてまったく考えていません。長期のローンを組む予定でしょ?目先の支払だけで考えてはいけません。いいですか?このような発想や考えは、ローン破綻者や破綻寸前のまわりが見えない人の考えですよ。

ちなみに多くの銀行などではローン審査をする時には金利が4%の場合の返済比率で計算します。貸す側の方が返済する側よりもシビアに見ていますよ。もっと冷静に考えてみましょう。

ちなににマンションの場合には管理費も考えましょう。当初管理費は販売しやすい為に安めに設定してあります。当然不足分の値上げや一時金なども考慮に入れて検討しましょう。

backpage