諸経費で儲けろ!
「不動産の購入って諸費用がかかるのはわかるけど諸費用ってなに?どのくらいかかるの?高いの?相場ってわからないし、一生に一回だし今は建物と引越しの事で頭が一杯。だからみんな営業マンにおまかせしちゃうの。あの営業マンって親切にいろいろ手配してくれるし難しい事もお金払うだけなので本当に助かる〜!いい担当でよかった」なんてこと本当に思っているすでに購入したあなたはこちらです。

水道分担金
水道を新設した場合の水道企業団に支払うメーター代みたいなもの。行政区によって金額がマチマチだし一般には知られてないが、チラシなどには「別途水道分担金がかかります」と小さな文字で書いてある。仮に10万円だったら30万円位請求してもお客様はわざわざ確認しないのでありがたく頂戴する。


ローン事務手数料
住宅ローン申込の際の事務手数料。実際自分で銀行に申し込んでも問題はないのだが営業マンに「住宅ローンは素人には無理・・・」なんて言われてお客様は一式お願いするケース。この場合3万円から30万円位までお客様の顔色を見ながら決めたり、会社で一律幾らと決められている。自分で銀行に行けばタダ。とはいっても頭金が少ない人はテクニックが必要だからお願いした方が無難かも。有料か無料かはその業者の考え次第。


登記費用
司法書士は悪いことしないだろう」なんて甘い事考えているからどんどんお金を吸い取られていくのだ。大体司法書士は不動産会社に紹介されるもの。つまり司法書士手数料が不動産会社や担当者にバックされる仕組みなのだ。どんな業界でも当たり前だけど。


プロパンガス
中古住宅を仲介するときその物件がプロパンガスだったらすぐに別のガス会社に連絡。ガス会社から紹介料頂く。その他家具屋さん、カーテン屋さん、浄化槽紹介料やケーブルテレビ紹介料も。みんなあなたの財布の紐が緩んでいる今がチャンスなのです。営業マンに紹介してもらうんです。だって必要な物ばっかりでしょ?でも普通に買うより提携している分安いかも?


儀式
地鎮祭建前とか上棟式。大工以外の他の職人さんのご祝儀はまとめて営業マンが預かって「後で私の方から職人さんに渡します。」なんて言って全部頂きます。クレーンのオペレーターや鳶の人なんかはその現場はその日しか来ないんです。ご祝儀渡さなくても別に構わないんです。お客様とは2度と顔を合わせないからばれないんです。地鎮祭でご祝儀もらったり。ご祝儀の相場わかります?お客様は営業マンに相談するんです。営業マンはお客様の顔色見ながら1万円から5万円位まで勝手に決めるんです。「この人はお金持ちだから5万円とか」年収から資金計画まで知っているんだから簡単です。うまい事やってキャバクラ行くんです。


高く売りつけて儲けろ!
「安い物件を安く売ってもその分仲介手数料は安くなるし、お客様に感謝されても1円にもなりゃしない。だったら高く買ってもらって儲けたほうがいいに決まっている。慈善事業やっているわけじゃないんだから」

建築会社のバック(建築条件付)
建築条件のついてない物件でも建築条件付で紹介。建築の利益の一部は担当者の懐。建物面積の1坪あたり5万円のバックでもでも30坪の建築だったら・・・。でも利益は会社に吸い取られます。

土地売主
建築会社

仲介手数料
建築紹介料
買主

担当者ボーナス
通常の仲介手数料の他に現金や品物を売主からもらう事。条件の悪い物件は売主から「この物件を売ってくれたら手数料のほかに○○万円あげる」とか「ブランドのスーツとか」売りづらい物件には営業マンにおまけがつくので、無理にお客様に紹介したりする。

売主
仲介手数料
高級スーツ

中間省略
売主の物件価格以上でお客様に売り付け利ざやを取ること。3000万円の物件を自分が売主と言って3500万円でお客様に売りつけ500万円を利益とする。もし所有者と売買契約の売主が違っていたら割高で買わされるかも?民法上では他人の物件の売買は禁止されてはいないが、宅建業法は原則として禁止されている。

売主3000万円 利ざや500万円 買主3500万円

仕切り価格
売主の希望価格に乗せてお客様に売りつける事。売主3000万円の仕切り価格というとそれ以上の価格を上乗せして売却すると乗せた分が営業マンにバックされる。中間省略と似ているが所有者と売主は一緒。

売主3000万円 売主3500万円 売主から500万円 買主3500万円

社有物件なのに仲介?
不動産は直接売主から購入すれば仲介手数料はかからないのだが、わざと子会社や別会社を間に入れて仲介手数料を稼ぐ方法。買主は余分に手数料を払わなければならない。

売主 売主の子株式会社 仲介手数料 買主

とりあえずなんでも請求しろ!
「これが一般的な常識です。慣習なんです。安いところ紹介します。」なんていわれても一生に一回じゃ常識とか慣習なんてわからないし相場もわからないし・・・営業マンにおまかせしようっと。

建築管理費
建築条件付の売り地なんかを契約するとき、土地は仲介になるが、建物の請負契約は宅建業法の仲介にあたらないのでこんな名目で手数料をもらったりする。実際何を管理するのか?現場には現場監督だっているのに。またなんか名目をつけて手数料をもらう時なんかでも利用する。


企画宣伝料
仲介手数料宅建業法上上限が決められているのでそれ以外にもらう時はこんな名目でもらう


リフォーム
中古住宅を仲介したときなどリフォーム業者を紹介して工事代金から利益の一部をバックさせる。


外構工事
新築一戸建て物件を販売するときなんかも売主が外構工事込みで販売してても外構工事別で販売。別途外構工事を受注。当然浮いた利益は懐に・・・。


その他なんでも
もらえるものはもらっとけ!だって慣習なんだもの。お客さん一生に何回も無い事なんだから慣習ってわからないでしょ。