こんな高金利な時代に莫大な借金をして家を買うなんて・・・・


今は世間では史上最低の低金利だと言われてエンドユーザーだってマスコミや不動産業者も煽られて信じています。しかしマクロ経済の考えで見れば高金利なのです。低金利ではないのです。

現在実質デフレ成長はマイナス3.5%で進んでいます。つまり物件価値が3.5%下がっているのです。仮に金利2.5%の調達金利だとすれば実質は2.5%+3.5%で6%の金利計算となるのです。住宅を買うな!借金をするな!ではありません。その事を理解した上でマイホーム購入を考えなければ行けないって事なのです。現在の賃貸の状況・将来の計画などを総合的に判断すべきなのです。「家賃より買ったほうが安い」などの安易な考えはしてはいけません。目先キャッシュフローだけを考えると失敗します。住宅購入で失敗する事は人生のプランにおいて大きなダメージになります。

バブルの頃は金利6%・7%が当たり前でした。でも経済成長が10%あれば逆に資産となっていったのです。今は逆です。この事を考えれば漠然としてでも理解できると思います。


現在の住宅購入者はそれなりの頭金と将来のリスクヘッジを考えながら行うべきなのです。決して低金利などの幻に躍らされてはいけません。



backpage